今日もよく、生きました

そんな自分を受け入れて

女性たちを悩ませる“普通の結婚教”と自分の守り方

 信仰から自由な自分を手にいれるために

生き抜くための恋愛相談

生き抜くための恋愛相談

 

以前、このブログでも紹介したこの本

No.11『生き抜くための恋愛相談』 - それでも、自分のことが好きになる

本書に出てくる“普通の結婚教”という興味深い考え方があるのでシェアさせていただきます

 

“普通の結婚教”の概要説明

価値観
・とにかく結婚していることが善
→30歳をすぎて結婚できてない場合は強制的に「問題あり」とみなされる

 

教義(ドグマ)
「普通の結婚こそが幸せで、そのためには<いい人>を選ばなければならない」
→自分の感性や感情よりも結婚という目的を優先させる

 

「いい人」という概念が多様される

・「いい人」と試しに付き合ってみたら?
・どんな恋愛もどうせ3年で冷めるんだから「いい人」を選ぶべき
・元カレは「いい人」だったんだから、結婚しておけばよかったのに

 

勧誘されやすいタイプの人
・周りの友だちが先に結婚してしまい焦りを感じているが、ちょっと自分や周りの人から見て「クセ」がある男性を好きになりやすい女性

 

これを見て、もしかして…「私、信者?」「勧誘されてる?」と思った方もいるかもしれません。「友だちや親が信者です…」という方もいるかも。

これ自体は価値観の一つであり、「良し、悪し」の問題ではなく、「合うか、合わないか」という問題なのです。(決して信者の人を迫害しないでください。笑)

 

この価値観や教義に賛同する人もいれば、違和感を覚える人もいるということ。

違和感を覚える人はこの続きを読んでください。

 

信仰の強要から自分を守るために 

著者である桃山商事の二人は違和感を覚える人の背中をこんな言葉で押してくれます。

「いい人と結婚しないと幸せになれないのか問題」への解決策ですが、これは”普通の結婚教”のドグマなので、その信仰を受け入れるならば真実となります。しかし一歩その信仰の外に出てしまえば、それは数ある選択肢のひとつにすぎず、忠実に守る必要など1ミリもありません。

また具体的な対応策として

・<いい人>を勧めてくる助言者たちとの交流をいったんやめてみる。
・空いた時間で、自分が「おもしろい」と思っている友だちとの付き合いを深める。

ことを推奨しています。

自分にとって、心地の良い活動をすることで、信仰の外の可能性が見えてくるということですね。

 

世の中には信仰が溢れている 

“普通の結婚教”に代表される(?)ように、現代は様々な信仰が溢れています。

 

例えば

「正社員教・公務員教」

「若い頃の苦労は買ってでもしろ教」

「最低でも3年は最初の会社に勤めろ教」

 

など、そして様々な教義(ドグマ)を守ることを我々に強要させようとします。

 

忘れないで欲しいのは、

それを信じる、信じないは私たちの自由であるということ

信仰を受け入れるならば真実

しかし一歩その信仰の外に出てしまえば、それは数ある選択肢のひとつ

 という言葉です。

 

最後まで、読んでいただき、ありがとうございました。

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
具体的な相談の内容が気になった人は
生き抜くための恋愛相談

生き抜くための恋愛相談

 

 

それでもなお、自分のことを好きになる

自分を好きになると、今までの人間関係を手放すことになるかもしれない、
それでもなお、自分のことを好きになろう
 
自分を好きになると、周りの人は心ない言葉を浴びせるかもしれない、
それでもなお、自分のことを好きになろう
 
自分を好きになると、親や先生の期待を裏切ることになるかもしれない、
それでもなお、自分のことを好きになろう
 
自分を好きになると、慣れ親しんだ仕事や環境が変わることになるかもしれない、
それでもなお、自分のことを好きになろう
 
自分を好きになると、今まで信じてきた常識が通用しなくなるかもしれない、
それでもなお、自分のことを好きになろう
 
それでもなお、自分のことを好きになろう
そして、自分自身の人生を愛して生きよう
 
自分自身と一生を共にする人は
 
自分なのだから
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
自分を好きになる土台づくり
オマージュと言うのもおこがましいですが…汗

「ありのまま」と「いまのまま」の違いの話

「ありのまま」のあなたでいいと伝える人がいます。
 
それを受けて「ありのまま」の自分なんて見せられない、
そんなものはキレイゴトだと反応する人もいます。
 
あなたは「ありのまま」とはどんな状態のことか考えたことがありますか。
ありのままと「今のまま」の自分を一緒にしていないですか。
 
ありのままとは自然の姿。
そして、自然とは絶えず変化していくもの。
人間も自然の一部であり、子どもから大人そして死へと絶えず変化しています。
 
川は水源から海まで絶えず流れます。
それを人間はダムを建設し、せき止めます。
このように、変化せず存在しているものには人工的な別の力が働いています。
(それもいつかは崩れます)
 
つまり「ありのまま」の自分というのは「いまのまま」の変わらない自分ということではないのです。
 
むしろ「今のまま」変わろうとしない自分をせき止めている何かの存在に気づき、
それを自然の状態に戻してあげるということなのです。
 
「気づくこと」ができれば、すでに変化の兆しは見えています。
 
「ありのままで」そんな言葉に出逢った時は自然の姿に、そして自分の中にある自然に目を向けてみてください。
流れをせき止めている何かの存在に気づいた時は、優しく取り除いてみてください。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「ありのまま」と「いまのまま」の違いが僕よりもわかりやすく言及されています。笑
ゆずらない力

ゆずらない力

 

 

『人のいいところが見つかる体質』になる3つのポイント

この記事を書いた理由と読んでほしい人

ありがたいことに、僕は人からよく「褒めるのがうまい」と言っていただけます。
「自分でも気づいていなかった長所を伝えてくれた!」
という嬉しい言葉を言っていただくことも少なくありません。
 
自分としてはこのスキル(?)をあまり意識して実践していませんでした。
 
そんな中、僕のやっていることとは反対に「褒めるのが苦手」という人や「ついつい人の欠点ばかりに目が向いてしまう」という人がいることに気づきました。
それゆえか、人間関係の問題で悩んでいる人が多い傾向にあるということも。
 
人のいいところが目に入るようになると、自分の周りの人が素晴らしい人ばかりになっていきます
僕がなぜこのような思考をしているのか、それをシェアすると生きやすくなる人が増えるかも…と思い立ちました。
(ただ、普段から意識化してやっているわけではないので、言語化するところに産みの苦しみがありましたが・・・笑)
 
ざっくりわけで3つのポイントがあることに気づいたので、それをシェアします。
 

人のいいところが自然に目に入る体質をつくる3つのポイント

  1. 「生きているだけで素晴らしい」という発想を持っている
  2. 自分へ要求しているハードルがめちゃくちゃ低い
  3. 長所・短所は表裏一体であることに気づいている
この3つのポイントについて順番に解説していきます!
 

1.「生きてるだけで素晴らしい」という発想を持っている

そうです! 人は生きてるだけで素晴らしいのです。
生きるためには食事も食べなきゃいけないですし、仕事をして価値を提供した対価をもらわなければいけません。
そんな「当たり前」と思えるような生活も、僕たちが「生きるために」身につけてきた大変な行為です。
だからこそ、生きてるだけで素晴らしい。何かを考えたり、チャレンジしたりしていることは、すべてがプラスα。もっと素晴らしいのです。
 
だから、例えばあなたが
 
  • 仕事で怒られたり、叱られたりして、それでも仕事を頑張っているとしたら・・・
  • 嫌なお客様の前でも、笑顔を見せるように努力しているとしたら・・・
  • もっとスキルを身に付けたいと思い、本や人から学んでいるとしたら・・・
 
もっと素晴らしい! 全て「いいところ」すぎるくらい「いいところ」です。
(そういうことに力を使いすぎると疲れちゃいますけどね・・・)
そもそも「生きてるだけで素晴らしい」のだから
・・・僕はこんな風に考えてます。
 

2.自分へ要求しているハードルがめちゃくちゃ低い

僕自身、完璧主義なところがあり、過去には自分で自分が許せないという体験を繰り返していました。(今でもたまに顔を出してきます)
 
そうなると人への要求も高くなり、誰かに接している時も「あれができな人はダメ!」「こんなこともやれないのか」というような気持ちを抱くようになります。
 
ただし、自分を受け入れてくれる人や本との出逢いを通じて「ダメでもいいんだ」「できなくてもいいんだ」という自分を徐々に受けれていくことができるようになりました。
 
ダメな自分の存在を認めることで、周りの人の力の偉大さが実感できるようになります。
 
  • 「あの人はこれができる」
  • 「この人はこれが得意」
  • 「この人はこんな考え方を身につけている」
 
多少の欠点が気にならないくらい素晴らしいものを持っている周りの存在に気づき、感謝できるようになります。
まずは「自分への要求水準を下げる」ようにしてみてください。
 

3.長所・短所は表裏一体であることに気づいている

人の欠点ばかりに目が向いてしまうという人、そんな人は実は人の長所を見つける名人になることができます。
なぜなら、長所・短所は表裏一体だから。
 
  • 「物事を進めるのが遅い人」は「一つ一つの物事を丁寧にやれる人」
  • 「よく怒る人」は「信念があり、守るべきものを守れる人」
  • 「つい粗探しをしてしまう人」は「人のことをよく観察できる人」
 
良し悪しは人が決めるもの。
要はその人が持っているものに「どのように意味付けするか」ということです。
家族療法の用語では「リフレーミング」と言います。
 

まとめ

人の「いいところ」を見つめて、周りの人を「素晴らしい人」にする3つのポイントを紹介しました。
  1. 「生きているだけで素晴らしい」という発想を持っている
  2. 自分へ要求しているハードルがめちゃくちゃ低い
  3. 長所・短所は表裏一体であることに気づいている
1が前提となる考え方
2がマインド
3がテクニック
 
と言えるかもしれません。
ピンときた人は自分の生活の中にできることから取り入れてみてくださいね。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
 
人生の不条理を受け入れる。僕の座右の書です。

 

人を好きになる具体的なトレーニングが紹介されています。 

恋愛迷子に贈る しあわせのコンパス

恋愛迷子に贈る しあわせのコンパス

 

 

人が好きになれない『恋愛低体温症』のあなたへ

恋人が欲しい、結婚したい、でも面倒くさいのはどうして?

恋愛低体温症

恋愛低体温症

 

 なぜ恋愛が面倒くさいと感じるのか?

あなたが面倒くさいと感じることにはどんなことがありますか。
職場や取引先との人間関係、やりたくもない雑用、友達付き合い、PTA…
 
人によって色々あると思いますが、
中でも「恋愛」を面倒くさいと感じる人が僕の周りでも増えているような気がします。
そんな人に本書の「はじめに」に出てくるこの言葉が突き刺さるのではないでしょうか。
 
「面倒くさい」という意識の裏にひそむ本当の感情は、「不安と恐れ」です。
 
本当の感情は「不安と恐れ」
「面倒くさい」からやらないのではなく「不安と恐れ」があって傷つくのが怖いから「面倒くさい」と合理化しちゃってるわけですね。
胸が痛い…。
 
 恋愛低体温症の人たちは、じつは「恋愛するのが怖い」と感じているのです。だから、無意識に避けようとするのです。
 ただ、私たちはふつう、「怖い」という感情を感じないように、無意識にフタをして、抑圧します。そして、かわりに意識のうえでは「イヤだ」とか「面倒くさい」と考えます。 
 
恋愛に限らず、心にナイフを突き立てられたような気持ちになる言葉です…。
なぜ、私たちは「恐怖心」を抱いてしまうのでしょうか?
 

背景にあるのは「思い込み」

 
「恐怖心」を抱いしまう理由として著者は「思い込み」をいくつか取り上げています。
 
「私が本気で愛されることはない」
「いずれ、本当の自分がバレたら、私は嫌われる」
「私は、大切な人に見捨てられる」
 
もしかして、私がそうかも…と感じた人がいるかもしれません。
ただ、冷静に考えるとこのような思い込みを持っていたら、人生が辛いですよね。
 
どうして、私たちをわざわざ私たちを苦しめるような「思い込み」が生まれるのでしょうか。
 

生き方の土台は3歳までにつくられる

 
著者曰く、私たちは思春期が終わる頃までに、「生きるためのプログラム」を完成させてしまうそうです。
 
3歳くらいまでに身近にいた大人たちの対応によって、「この世が安全か、危険か」という世界観がつくられます。
 
母親が「女性」の原型となり、父親が「男性」の原型となり、家族が「集団」の原型となります。
 
幼いとき身近にいた大人のだれかを選んで、生き方をコピーするというものです。
自分が誰かのマネをして、どう生きるか、という選択・決断を、私たちは幼いときにしているのです。
 
今の日本に、3歳までに叱られたことがない人はどれだけいるでしょうか。
思春期までに親の喧嘩を見たことがない人はどれだけいるでしょうか。
 
おそらく、ほとんどいませんね。
だからこそ、私たちは子どもの頃に無意識的な人に対する「不安や恐怖」を抱えることになるのです。
(大事なことは、(ごく一部の人を除いて)親も決して悪気があってそういうことをしているわけではないということです。)
 
だとしたら、私たちは一生この「思い込み」を抱えて生きかなければならないのでしょうか。
 

シナリオはいつでも書き換えていくことができる

 
私たちの中にある一筋の希望は思い込みに「気づくこと」「意識化すること」です。
著者は本書の後半で、「気づくこと」の重要性について繰り返し言及しています。
 
ものごとがうまくいかなくてつらいとき、自分がいつもどう考えているのか、思考のクセをリストアップしてみましょう。
それらはみな真実でも事実でもない、ただの「思い込み」だと気づきましょう。
 
「相手は関係ないのですよ。あなたのなかに、そういう思い込みがあると気づくことが肝心なのですよ」
 
「いま何が起きているのだろう? このできごとで何に気づけばいいのだろう?」と自己認識を深めることに、意識を向けてください。
 
私たちにとって「気づく」とは変化の可能性を生み出すきっかけです。
逆に言えば、「気づけてない」ものには対処のしようがありません。(寝癖と同じ)
 
気づくためのコツは深い呼吸や笑うことでガチガチな自分を「ゆるめる」ことです。
恋愛に対して頑な心も、そろそろゆるめてみたいなと思った時は本書の出番ですね。
 

まとめ

 
恋愛が面倒くさいと感じるのは「不安と恐れ」が潜んでいるから
その「不安と恐れ」は「思い込み」からつくられたもの
「思い込み」は思春期までにつくられた「生きるためのプログラム」が元になっている
それは「気づく」ことによって変えていける
 

P.S. 

ヴレッジバンガードで偶然見つけて、タイトルが引っかかりすぎて購入。
恋のテクニック以前の幸せになるために重要なことが書いてありすぎて、このタイトルで本当に必要としている読者を逃しているのでは…と思えなくもない。
 
【10,000冊PJ 13/100】

伝えること、受けとること

「笑顔が可愛いすぎてキュンとした!」
 
とある方から、こんな素敵な言葉をいただきました。
 
照れました。
 
そして感動しました。
 
わざわざ伝えていただいたことに。
 
僕が最近読んだ『毎朝、自分の顔が好きになる』という本にもこんな言葉が出てくる
 
「魅力はわざわざ見に行くもの」
 
これを応用すると
 
魅力はわざわざ伝えるもの
 
ということになるのかもしれない。
 
自分で自分の魅力を発見することに慣れている人は少ないのでは。
だからこそ「わざわざ伝えること」に価値が生まれる。
 
慣れてないからこそ、「わざわざ伝えてくれたこと」を
「そんなことないですよ」と自分から手放してしまう人もいる。
 
あえて極端にいうと、それは相手がせっかく選んでくれたプレゼントを
ゴミ箱に捨てるような行為だ。
 
だからこそ、恥ずかしくても受け取ってみよう。
そして、相手に喜びと感謝を伝えよう。
 
「キュンとしてくれて嬉しいです。それを伝えてくれたあなたの心も素敵です」
 
これを読んでくださった素敵なあなたにも「ありがとうございました」
 
毎朝、自分の顔が好きになる

毎朝、自分の顔が好きになる

 

 

No.12『毎朝、自分の顔が好きになる』

自分の美しさ、理解していますか?
毎朝、自分の顔が好きになる

毎朝、自分の顔が好きになる

 

三行で紹介

  1. メイク教室美塾の塾長である著者の言葉が
  2. あなたの美しさとメイクに関する考え方を変える
  3. 読むだけで自分の素顔が好きになれる
 
痺れたフレーズ
・「あなたはいつからか欠点に興味を持ち、そういう見方を始めて、その見方がかなり上手くなった状態です。あなたはたくさんの経験を修業を積み、自分の欠点を見る達人になったのです」
・「魅力はわざわざ見に行くもの」
・実は美しい女性になることにおいて最も難しいことは、痩せることでもなく、眉を上手に描くことでもなく、アイラインをキレイに引くことでもなく、自分に似合う色を知ることでもなく、自分の魅力を理解することなのです。
・愛したからって別になにもしなくてかまわないのです。ただ愛するだけでいいのです。
・明日もあなたがあなたとして生きられることが嬉しいって思ってほしい、ただそれだけです。

 人生を揺さぶる言葉

「出典を明らかにする」ということは、自分のすべては誰かから受け継いだものだという自覚を持つことになるのです。 
これはメイクの本です。
と同時に「美しさ」「魅力」とは何なのかを考える本でもあります。
 
そして、僕が涙した本でもあります。
認知症のおばあちゃんにメイクをした時に起きた魔法の話で・・・
気になる人は242ページから読んでください。笑
 
今回僕が取り上げたのは個人的に刺さった言葉。
皆さんは「出どころに感謝」できていますか?
 
僕は誰から教えてもらったことを、教えてもらったことすら忘れ、さも自分の考えのように話している自分の姿に気づきました。
 
内田さんは本のところどこで、師の名前や教えてくれた人の名前を出します。
これは内田さんも河村慎吾さんという方から「出どころに感謝がない」と指摘されたからだそうです。
 
僕が本の内容をシェアできるのも著者の書いたものを引用できるからこそ。
誰かとコミュニケーションができるのも先人の教えがあったからこそ。
 
そしてこの本を僕に紹介してくれた素敵な方とのご縁があったからこそです。
(紹介してくれた佐野さん、そのきっかけをつくってくださった真里子さん、ありがとうございます!)
 
本筋とはズレてるポイントが刺さってる感じはしますが、大切な教えを学びました。
 
人生を揺さぶる企て
出典を明らかにする心がけで、感謝の気持ちと謙虚さを育む
 
【10,000冊PJ 12/100】